ピロリ菌

ピロリ菌について

ピロリ菌に感染すると、多くのケースで胃粘膜が炎症を起こし、胃の痛みや不快感、吐き気を伴う慢性胃炎や胃粘膜の組織が減少する萎縮性胃炎へと進行していきます。
この萎縮性胃炎は「前がん状態」とも呼ばれ、胃がん発症リスクが非常に高い病態です。そして日本人の胃がんの99%にピロリ菌が関与していることがわかってきました。胃がんの発症を防ぐ意味でも、ピロリ菌の除菌が大いに推奨されます。

  • 他院でピロリ菌を検査したが結果を忘れてしまった
  • 1次除菌、2次除菌をおこなったが失敗してしまった

等お困りのことがございましたらぜひご相談ください。

参考リンク:ピロリ菌のお話.jp

ピロリ菌の検査

当院では、H. pylori(ピロリ菌)感染症認定医、日本消化器内視鏡学会・消化器内視鏡専門医が胃にピロリ菌がいるかどうかの検査を行っております。侵襲性が少ない尿素呼気試験、抗体測定法を実施しております。

尿素呼気試験

呼気(吐き出した息)を集めて診断する方法で、最も精度の高い方法です。

抗体測定法

ピロリ菌に対する抗体が、血液や尿に存在するかどうかを調べる方法です。

ピロリ菌の除菌

ピロリ菌の除菌には、プロトンポンプ阻害薬(胃酸の分泌を抑える薬)と抗生物質を7日間にわたり服用します。
この方法による除菌率は、わが国では70~90%と報告されています。
最初の除菌療法でうまくいかなかった場合は、違う薬を使って再度、除菌療法を行うことができます。
この除菌を行えば、感染期間が長きにわたっており、萎縮性胃炎の進んだ人も発がんリスクを3分の1以下に減らすことが可能です。

とくとみ内科医院
042-729-1616
〒194-0045
東京都町田市南成瀬1-19-4
駐車場完備
診療科目 内科・消化器内科
主な診療内容 一般内科、胃カメラ検査、ピロリ菌検査・除菌、肝臓内科、生活習慣病、健康診断、予防接種など
最寄駅 JR横浜線「成瀬駅」徒歩8分
休診:木曜、日曜、祝祭日
診療時間 日祝
9:00~12:00
15:00~18:00