胃カメラ

胃カメラについて

胃カメラ(上部消化管内視鏡)は、小さなカメラによって食道・胃のポリープやがん、炎症などを調べるのに用いられる検査機器です。
胃カメラ検査を定期的に受けておくことで、万が一胃がんになっていても早期発見の確率が飛躍的に高まります。特に、慢性萎縮性胃炎やピロリ菌感染のある方には、定期的な胃カメラ検査をお勧めしております。

なるべく苦しくない胃カメラ検査

胃カメラ検査は挿入する場所(鼻か口)によって呼称が変わり、それぞれ経鼻内視鏡・経口内視鏡検査と呼ばれます。
当院では、経鼻内視鏡による検査を行っております。経鼻内視鏡は、鼻から胃へと挿入する内視鏡検査で、口から挿入する経口内視鏡に比べて嘔吐反射や不快感が少なく、比較的楽に行える検査と言えます。

こんな症状に胃カメラ検査をお勧めします

・上腹部が痛む ・胃に不快感がある ・胸やけがする ・吐き気、嘔吐を催す
・喉または胸につかえ感がある ・黒い便が出る ・貧血を指摘されている
・急に体重が減った ・顔色が悪いと言われる ・バリウム検査で異常を指摘された
・胃潰瘍や十二指腸潰瘍になったことがある ・肝硬変と言われている
・食道がんや胃がんを治療したことがある など

胃カメラ検査で発見される消化器疾患

胃カメラは、下記のような病気の検査・診断に有効です。

・逆流性食道炎 ・食道がん ・胃潰瘍 ・急性/慢性胃炎 ・胃がん ・十二指腸潰瘍 ・十二指腸がん など

とくとみ内科医院
042-729-1616
〒194-0045
東京都町田市南成瀬1-19-4
駐車場完備
診療科目 内科・消化器内科
主な診療内容 一般内科、胃カメラ検査、ピロリ菌検査・除菌、肝臓内科、生活習慣病、健康診断、予防接種など
最寄駅 JR横浜線「成瀬駅」徒歩8分
休診:木曜、日曜、祝祭日
診療時間 日祝
9:00~12:00
15:00~18:00